住みやすいと言われるのは南向き

マンションやアパートを探しているときには部屋の向きが住み心地に大きな影響を与えることに留意しておきましょう。賃貸物件情報を見てみると部屋の向きが明記されていることがよくあります。部屋の向きとはリビングや寝室などの中心となっている部屋のどちら側から採光する設計かを示しているものです。南向きの場合には南側に窓が広く設けられている設計になっています。人気があるのは南向きの賃貸物件です。南は太陽の光が一日を通して最も入りやすいことから、採光性が高い点でよく選ばれています。ただ、他の部屋の向きではデメリットがあるのかが気になる人も多いでしょう。住み心地にどのような影響を与えるのかを知っておくのは大切です。

他の向きのデメリット

南とは真逆の北向きの部屋の場合には太陽の光が入りづらいのがデメリットです。採光性が悪いと部屋が暗くなります。部屋の温度も上がりにくく、湿度が上がりやすい場合が多いのが特徴です。西向きの場合には朝日が入りにくく、夕方になると強い西日が差し込むことになります。夕方になってから急激に部屋が暑くなって困るケースもあるのが問題点です。また、東向きの場合には朝早くから照らされることになるのが特徴で、生活リズムが狂う原因になることがあります。東向きの部屋は西日が入らない影響で部屋が温まりにくい場合もあるので注意しましょう。このように南向きに比べるとどの部屋の向きについてもデメリットがあるため、避ける人が多くなっています。